みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 命の重さ。

<<   作成日時 : 2005/03/04 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

2005年2月23日の記事 『サーヤさん。』 で紹介したビーグル犬のサーヤさん。


カフェのサイトが更新されておりまして、2日の夕方ついに旅立たれたそうです。
享年15歳。
※ 16歳または17歳だと記憶していたのですが、実際には15歳だったようです
  なお、 『サーヤさん。』 の記事へは ココ からジャンプできます


人間に換算したら約80歳、決して早すぎるとは言えない年齢です。
どちらかといえば大往生なのだろうけど、彼女にはもっともっと長生きして欲しかった。
何とか持ち直して、再びあのお店で食事をしている時にパンをねだりに来て欲しかった。
おいら達だけでなく、あのお店を訪れた多くの人がサーヤさんの死を悼んでいることでしょう。


動物がたいして好きでない人から見たら、彼女の死はきっと些細なこと。
けれども実際にオーナー夫妻から見たら、家族を失ったも同然のこと。
お店でサーヤさんに会うのを楽しみにしていた人にとっては、近しい友人を失ったのと同じこと。
たかが犬の死、 されど犬の死。

犬だけではない、猫やウサギやハムスターや・・・・・・・他のたくさんの生き物だって
”たかが” なんて言葉で済ませられるはずなんてない。
そのことを忘れてしまっている人も、今の世の中にはいっぱいいるけれど。



”暖冬” と言われながらも寒さ厳しく、日本列島のあちらこちらで大雪とのニュースが流れる今冬。
サーヤさんが旅立った日は 小春日和 の名称に相応しい、穏やかな日和だったそうです。
どうか今までの痛みや苦しみから解放された世界で、安らかに眠って下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
空気になった彼女。
数日前に咲いたはずの桜が もう満開 。 ...続きを見る
みかんと一緒☆@WebryBlog
2005/04/17 21:55
緑の中の音楽会。 【作成中!】
28日にnet猫友達のにゃんま〜さん達と別れてから、名古屋で新幹線に飛び乗って おいらはまたもや実家に帰っておりますです。 ...続きを見る
みかんと一緒☆@WebryBlog
2005/05/01 01:02
音楽三昧。
昨日upした記事の予告どおり、カフェの音楽会へ行ってきました。 ...続きを見る
みかんと一緒☆@WebryBlog
2005/05/05 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
サーヤさんも虹の橋で待ってるのかな
お会いした事は無いけど
サーヤさんに関わった人が幸せな気持ちになれて
サーヤさんって、素敵だったんだなぁって思います。
小さな命なんかじゃないよね、
すごく大きな意味を持って生まれてきてくれたんだなぁって
ありがとうって思います。
私も今まで、どれだけ助けられてるか・・
いつも思うことがあります、
この子に私の20年でも30年でも寿命を分けられたらって

虹の橋のお話を聞いてから、
会ったらぎゅーっとできるかな、いっぱい抱っこさせてくれるかなぁ〜 
なんて・・
みんなが元気に待っててくれてると思ってます。

サーヤさんのご冥福をお祈りします。
あたたかい所でみんなで遊んでいるのかなぁ〜
にゃんま〜
2005/03/04 01:48
サーヤさんは逝かれたのですか・・・
残念でしたね。
15年のサーヤさんの人生は幸せでいっぱいだったことでしょう。
これからも、ご夫婦の心の中で幸せに生き続けてくれるのではないでしょうか・・・
合掌
しろとチビ
2005/03/04 09:53
合掌。
一度しか会えなかったサーヤさん(T_T)
もっと会いたかったな〜。。。
どうか安らかに眠ってください。
オーロラ
2005/03/04 19:16
※にゃんま〜様
 サーヤさん、ドアの開閉に人間使うわ客に食べ物ねだるわで
 結構やりたい放題のご婦人でした(笑)
 でもその場にいると、ものすごく空気が和んだんだよなぁ…。
 素敵な店員さんでした。
 本当に、ものすごく。

 以前オーナー夫妻にサーヤさんとその母犬が一緒に写っている写真を
 見せてもらったことがあります。(母娘だけにそっくりでした)
 いまごろは久しぶりに再会した2匹で、楽しく遊んでいると思います。
むぅきち
2005/03/04 21:54
※しろとチビ様
 15年間‥決して短くはない時間です。
 オーナー夫妻だけでなく、店のお客や友人知人などたくさんの人が
 彼女の死を哀しんでいるのではないでしょうか。

 人間でも、ひっそりと孤独に死んでいく方がいる今の世の中で
 これだけ多くの人にその死を悼まれているサーヤさんは
 ある意味とても恵まれているのかもしれません。
むぅきち
2005/03/04 22:01
※オーロラ様
 お久しぶりですっ!!!
 以前会った時には大風邪ひいてましたが、そのご体調はどうですか?

 そういえば、オーロラさんは店に行った時2階の席を選んだから
 結局1度もサーヤさんの ”それください” 攻撃にはあってないのか。
 ぜひ一度体験して欲しかっただけに残念。
むぅきち
2005/03/04 22:06
サーヤさん。。。
お会いできることなく天に召されてしまったのですね
とても残念です
人間も動物も関係なく命は重たいです

サーヤさん、我が家の歴代ワン・ニャン・ピヨピヨ・コケコッコー・クルッポーその他もろもろ達と仲良く遊んでやって下さい
あいあい
2005/03/04 23:33
※あいあい様
 生き物好きのあいあいさんなら、すぐにサーヤさんとも打ち解けて
 楽しく食事ができるだろうなぁと思っていただけに、本当に残念です。

 次にお店に行った時、改めて彼女がいないことを実感するのは
 ちょっと辛いです。
むぅきち
2005/03/05 00:21
想像だけのサーヤさんでしたが、
私の中にはっきり姿が残っています。
沢山の人に愛され、沢山の人を癒し、
幸せな一生だったでしょう。

思い出す度、心が温かくなり、もう一度会いたいという思いを
残された者達に残してくれる動物たち…
心からありがとうと感謝します。








つゆ母
2005/03/05 03:58
※つゆ母様
 なんだかあり得ない時間にコメントをいただきました。
 そして、さらにあり得ない時間にコメントを帰している自分・・・。
 ”寝なさい”とアチコチから怒られてしまいそうです。
 
 先ほど、例のカフェのサイトを覗いてみたら
 掲示板にオーナーのコメントが書いてありました。
 良い思い出とするには、まだまだ時間がかかると思いますが
 一日も早くオーナー夫妻に心からの笑顔が戻ることを願うばかりです。
むぅきち
2005/03/05 04:47
おっそろしい時間にお返事来てるし・・・・(^_^;)
私は、金・土のみ好きなだけ自分の時間を使ってますが、
むぅきちさんって、いつも夜更かしさんよねーーー。

サーヤさんが居るうちにそのカフェに私も行ってみたかったです。
遠い飛駒にいつか行ける事があっても、サーヤさんがいなくては、
そのカフェがどんなに良いところでも、完全ではないように思えてしまいます。
オーナーご夫妻の寂しさ、計り知れません。
つゆ母
2005/03/06 03:21
※つゆ母様
 >おっそろしい時間にお返事来てるし・・・・(^_^;)
 そうおっしゃってるつゆ母さんの時間もおっそろしーです(笑)
 しかも何気なくカフェの場所知ってるし(驚)

 サーヤさんが居ないと、完全じゃないというのは多分感じでしまうでしょう。
 でも、姿形は変わってもサーヤさんはあのお店の定番の位置
 (暖炉の傍の椅子が彼女のお気に入り)に居ると思うので
 またお店に立ち寄れたら、心の中で話しかけてきます☆
 さすがにもうパンやじゃがいもの皮(好物)をあげたりは出来ないけど‥。
 
むぅきち
2005/03/07 00:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
命の重さ。 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる