みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ペア疾患。

<<   作成日時 : 2005/01/11 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

1〜2ヶ月前から、みかんが猫トイレで不振な行動をするようになりました。


短時間のうちにトイレに出たり・入ったり・砂かいてみたり
これらの動作を何度も何度も繰り返したりしてどうにも落ち着かない様子。
時には 『ンァアーォ』 と、不満そうに声をあげながらトイレから離れることも。

快眠・快食・快便は相も変わらずご健在のみかん様。
具合の悪い様子など微塵もなく、元気いっぱいに暴れる日々を送っていますが
さすがに気になって昨日とうとう動物病院に連れて行きました。
何もなければそれにこしたことはないし
何かあったらあったで、症状が軽いうちに対応できれば万事めでたし。


診察台の上に乗せられたみかんは、普段の 『噛み付き大魔神』 もどこへやら
非常におとなしく先生の診察を受けてました。
抵抗せずに膀胱もまれるもまれる(笑)

症状を説明すると、膀胱炎の可能性を示唆されましたが確定するには尿検査が必須。
尿検査をするためには尿を採取しないといけないんですが
触ってみた感じでは、採取できるほど膀胱に尿が溜まっていないとのこと。

飲み薬(膀胱炎を想定したもの)を処方すると言われたけれども
はっきりしないうちに薬 ってのも嫌だったから、お断りしてとりあえず帰ってきました。
その日の夜に相方みんみん☆がアイデア勝利で尿採取成功(エライ)
※ トイレのすのこの下に敷いてあるペットシーツを外しておき、たまったものを採取。
  この方法だと猫砂のオガクズが多少混ざるが、とくに問題ないらしい (遠心分離器にかけるから)



で、本日その採取ブツを持って再び病院へと出向いたワケなんです・・・が。
でちゃいました。ストルバイト結晶。

血液も細菌も混入しておらず、当初疑われていた膀胱炎というよりは
この結晶が膀胱内でチクチクして残尿感となり ”トイレ頻発” の引き金となってたみたいです。

ストルバイト結晶といえば、尿がアルカリ性になったときにできる結晶で
放っておくと石になって尿道を詰まらせたりするワルモノ。
結晶ができる原因はストレス・寒さ・体質・遺伝等々いろんな説がありすぎて不明確。
でも、たいがいは処方食 (フードの中に通常の栄養素+尿を酸性化させる成分が入ってる) を
与えることにより、長くても半年くらいで治ります。


でもって、我が家にはすでにストルバイト結晶が何度も見つかっているノエルが居ます。
わー♪ みかんってばノエルとお揃い♪♪♪(ヤケ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こんなもん、お揃いでもちっとも嬉しくない (T−T)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ささやかな幸せ。
1/11 (そういえばこの日は ”犬の日” 犬の日は11/1日の間違いでしたっ) に、みかんの尿から 尿路疾患のもととなる ストルバイト結晶 が検出されて早やひと月近く。 ...続きを見る
みかんと一緒☆@WebryBlog
2005/04/17 20:16
脱アルカリ。
相方みんみん☆からの報告です。 ...続きを見る
みかんと一緒☆@WebryBlog
2005/04/17 20:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーん・・・
いろいろな病気があるんですね。
つゆみたいに18年間病院とはあまり縁のない子はありがたいです。
病院へ行ったのは、拾って暫くしてウン○が出なくて、つゆがピンポン玉みたいになった時と、避妊手術と、ヤマダニが付いた時、これはみんな病気じゃないですよね。
病気としては、ずっと年を取ってから、歯茎が腫れて食事が出来なくなった時と、血のオチッコが出た時。この時もお薬だけ貰ってきて、私が飲ませて、ちゃんと治ったから病院へは行っていないのです。
みかんちゃんは、最初から点滴なんてしていたものね。
その、ストルバイト結晶とやら、むぅきちさんがちゃんと病院へ連れて行ったから早期発見出来たわけで、本当に良かったですね。
みんみん☆さんとみかんちゃんのオチッコ採取している様子が想像できて
ほほえましいノダ(*^_^*)
むぅきちオネコ博士に面倒見て貰っているんですから、みかんちゃん達マチガイナイね。
私もつゆに何かあったら相談出来ると、心強く思っているわけです。
つゆ母
2005/01/12 00:41
※つゆ母様
 いまでこそ、そこそこのことは知ってるし(っていってもまだまだ未熟だけど)
 病気に関する情報をネットで調べるには、どんな項目で検索かければ
 望む検索結果が得られるのか判別がついてきましたが
 3年前、チロルの世話をする前には、”猫エイズ”も”猫のワクチン”も
 ”室内飼いのやりかた”も知りませんでした。
 おいらも相方みんみん☆も。

 チロルの闘病につきあったことで、自分の中で猫の疾病に対する意識が
 確実に変化したと思っています。
 猫の命を少しでも繋いでおきたくていろいろ勉強しているわけですが
 実際のところ、猫のためといいながら自分が修行させて貰ってる感じです。
むぅきち
2005/01/12 00:54
チロルちゃんの悲しい思い出が
今の猫博士を作ったのね。

タペストリーの猫部屋のチロルちゃんに
「チロちゃんの事、話しているよ。」と
伝えました(*^_^*)
つゆ母
2005/01/13 00:48
※つゆ母様
 チロルもみかんも、健康的に問題アリアリな状態で拾ったので
 『おいら達のトコに集まるのはこんなのばっかりきゃーっ?!』と
 時おり冷や汗かきながら笑っておりますです。

 チロルは初対面の時ハナミズ飛ばしてたし、みかんはいわずもがな。
 ノエルも前にいたお店で足を怪我して腫れてたし(今も痕が残ってる)
 まろなんか、離乳失敗して死にかけた本来は自然淘汰されるはずの子。
 ペットショップやブリーダーから来てるヤツまで何故か問題アリ
 ここまで集まるとそういう縁があるとしか・・・(T-T)

 チロルへのご報告ありがとうございます。
 「ぶ。」とか返事してました?(笑)
むぅきち
2005/01/13 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペア疾患。 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる