みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 【想い出ばなし(4)】くろべのこと。 1/2

<<   作成日時 : 2004/12/18 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

くろべは、母親が知人から譲りうけてきた猫です。
くろべの名前も確かおいらが付けました。 父親は ”くろべぇ” と呼んでたので、その都度抗議(笑)

片親が血統書付きのヒマラヤンだという話で、確かにヒマラヤンやシャムの特徴である
シールポイント (口周り、耳、尻尾、四肢の先端にだけ濃い毛色がつく) が出ていました。
雑種でしたから、体のアチコチに薄っすらと縦縞もありましたけど‥ (^ ^;)

初めて我が家に来た日、くろべは玄関の下駄箱(?)の中に隠れて出てきませんでしたが
あっという間に家族にも慣れて、デカイ態度で闊歩するようになりました。
妹なんて ”くろべ” といえば 『寝てる自分の顔の上を、わざわざ踏んづけて通っていった猫』 だそうで★


くろべは外でも物怖じしない猫だったようです。

当時、隣の家には ”カール” という真っ黒のジャーマンシェパード(♂)がいました。
大きいしよく吼える犬だったので、近所の野良猫もあまり近づこうとしなかったんですが
カールが飼われている屋外ケージのすぐ近くを、くろべがゆうゆうと通りすぎる姿を
隣家御一同様にたびたび目撃されておりました(汗)

そこの家の奥さんは 「くろべちゃんが遊びに来てくれるから、カール君も喜んでるみたい」 と
おっしゃってましたが、本当のところはどうだったのか???
くろべのことを好きだったのか 「ご近所さんだし、どうでもいいや」 と思って見過ごしていたのか
是非ともカールに聞いてみたかったところです。

そんな強気の態度が裏目に出て、くろべは年中ケンカ傷をつくっていました。
親は 「洋猫の血が混ざっているからいじめられ易いんじゃないか」 と言ってましたが
去勢手術すら済ませていない血気盛んな雄猫が、野良猫の闊歩する外に出ていけば
怪我して帰ってくるのも当然といえば当然だったのかも。

態度のデカイくろべでしたが、意外なことに膝の上にすすんで乗るなど人好きな一面も持っていました。
シャムっぽい毛皮で高級そうにみえるのと、人見知りしない性格も幸いして来客間の評判は上々。
人気があったのを知ってか知らずか、たいそう外面の良いヤツでした(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【想い出ばなし(4)】くろべのこと。 1/2 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる