みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ショコラ報告 : 4匹目の猫。

<<   作成日時 : 2005/07/19 01:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2005年7月16日 某時刻 F動物病院 受付

「すみません、今日の昼頃拾った猫なんですけど」
F動物病院には特になんの連絡もしていなかったので、まずは受付で事情説明。
「‥‥それで、この猫ちゃんは飼われるんですか?」
「ええ、まぁ。 保護した以上は面倒見ないと」

説明後、動物病院としてはしごく当たり前の質問 (野良の治療は断るところが多い) 。
そりゃそうだ、気軽に野良の持ち込みばかりされたんじゃ、病院側だって困ってしまう。
せっかく治療しても、また野良に戻されてしまう可能性も高いわけだし。
※ できれば野良も飼い猫も関係なくまずは治療してくれってのが本音だけどー。

「では診察券を作り直しますけれど、名前はもう決まってますか?」
「はい。 ”ショコラ” でお願いします」
S動物病院で見かけた、チョコレート&タンの綺麗なミニチュアダックスを見かけた瞬間
『こいつの名前はチョコにしよう! 毛色もチョコっぽいし!!』 とおいらが提案。
F動物病院に向かう車中で、 「ちょこちゃん」 は net猫友達のお宅にいたということを思い出し
急遽 「ショコラ」 に変更しておいたのだ。
「安直」 なんて言ってはイケマセン。 閃きが大切なことも多々あるのです(爆)


暫くして、診察室に呼ばれる。
先にS動物病院に行ったことはとりあえず伏せて(汗)、同じように状況説明。
そこで判ったことだけれど、半年程度だろうと思っていたショコラは、実は成猫だった。
確かに‥‥改めてまじまじと見ると、骨格は結構しっかりしている。
ガリガリのうえ、キャリーケースの中では縮こまっていたから、余計に小さく見えたらしい。
S動物病院の時と同じように、貧血を指摘する時に口の中を覗き込ませてくれた。
真っ白い歯茎のうえに並んだキバに、ちょっぴり歯石がついていた。

体重測定、触診とひととおりの診察を終えた後
獣医師に 「じゃぁ猫白血病と猫エイズの検査やりますか」 と言われて驚く。

「こんな状態なのに、血を抜いちゃって大丈夫なんですか?!」
「大丈夫だと思いますよ。 血は抜きにくいかもしれないけど、首からなら採れるでしょう」

い、いやいやいやいや。
そういうことではなく‥‥‥‥(汗)


心の中でのツッコミ虚しく、AHT(アニマルヘルステクニシャン = 動物看護士) さんが
バリカンを持ってきて、みるみるうちに左の首の毛を刈られてしまったショコラ。
密かに 「レディになにするのよー(怒)」 と怒り心頭に発していたやもしれん。
あ、女の子でした (今さらですがご報告) 。



2005年7月16日 某時刻 F動物病院 待合室

検査の結果がでるまでに10分ほどかかるということで、待合室で結果を待つ。
こういう時は 最悪の事態を念頭に置きつつ、ポジティブシンキング に限る。

「ボロボロでガリガリだけど、粘膜系は全部キレイだし」
「みかん拾った時も ヘタすりゃ輸血 の超貧血野郎だったけど、エイズも白血病も陰性だったし」
「なんていっても、コイツ自力で立てるし、食べられるしっ!」

そんなことを思いながら、待合室に座ってたおいらの耳に聞こえてきたのは
獣医師の何か数値を読みあげてる声と 「白血病だ」 という単語。


せ‥‥先生、 声でかすぎ です (ガックリ)


隣に座っていた相方みんみん☆には聞こえてなかったみたいなので、ぽしょぽしょと報告。
「あ、そうなんだー」
保護する前から覚悟してたというだけに、こちらもさほどショックではなさそう。
でも、本当は2人とも ”もしかしたら‥” という一縷の望みを持っていたのだ。
病名が明確になってスッキリもしたけれど、やっぱり少しヘコんだぞ。

再度診察室に呼ばれ、検査キットを見せてもらう。
猫白血病 (FeLV) 陽性 を示すマークがハッキリと現れていた。
ちっ。 やっぱり聞き間違いじゃなかったか。
それ以外にも、正常参考値は30以上である数値が9しかなかったという説明も受けた。
10以下になると、大抵の場合は重篤な症状と見なされるのだとか。
※ なんの数値だか確認するのを忘れたけれど、おそらく ヘマト クリット (Ht・PCV)
  平均赤血球容積 (MCV) あたりだと思う (正常参考値から推測)


「輸血や点滴などの対処療法ならすることも出来るけど‥どうします?」 と尋ねてくれたが
「延命治療はしません」 と告げてきた。
苦しいのを無理矢理延ばされるのは、本猫も嫌だろうと思うのだ。


もし、本格的に治療を始めるとすれば、まず必要なのが輸血。
F動物病院には、輸血用の病院猫はいないため、家の3ニャンからの輸血となる。
血を抜くために全身麻酔が必要になるから、提供側の猫の負担も相当なモノ。
そこまでのことをして、回復に向かうのならともかく
一時的に持ち直した後、数ヶ月を待たずに悪化して再度苦しむんじゃ正直意味が無い。
なにより、強制的に回復させられた分だけ、余計にショコラが可哀相。

帰りの車の中、ただでさえ身体がだるいところに血を抜かれたのが堪えたのか
ショコラはキャリーバックの中でぐったりと横たわっていた。

ごめんなー。
でもこれで心おきなく対処してやれるから。
しっかりと最期を看取ってやるから、勘弁なー。


首の毛を剃らせてしまったことが、なんだかとても申し訳ないことのように感じた。
もうほとんどなにも持ってないショコラから、更に血も毛も奪ってしまった。

これからはキミに対して与える側に回ろう。
だから、少しでも長く生きなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ショコラちゃん、やさしいむぅきちさんとみんみん☆さんに出会えて良かったね。
いっぱいお世話をしてもらえて幸せな子。

うちに時々来ていた野良しろ君は来なくなりました。
「ぐったりしている姿を見たよ」という情報が最後でした。
悲しいことだけど、今頃は虹の橋を渡っているのかな?
私は野良しろ君にご飯をあげるだけのお世話しかできなくて・・・。
自分のいたらなさを悔やんでいます。

むぅきちさんとみんみん☆さんは愛情の深い人たちですね。
みかんちゃんを助けたときから思っていましたが、さらに今回は感動を受けました。
しろとチビ
2005/07/19 11:54
私も しろとチビさんと同じ気持ちになりました。私のやってることなんかチッポケナことしかやっていないんだ!いや出来ないんだ!むぅきちさん、みんみん☆さんみたいに死にかけてる子を即座に病院に連れて行く行動なんて・・・   ホントに頭が下がります!今いる1ニャンでも野良から保護して家の子になりましたが、他の野良ちゃんらしい子にはごはんをあげるだけです(涙)むぅみん一家みたいに為れない情けない自分がいます。どうしても現実問題を優先している自分がいます。今居る1ニャンは幸せそうに見えますが・・・本猫はどう思っているか?解りません(悩)むぅきちさんとみんみん☆さんの生き方を参考にして行きたいと思います。平べったい言葉しか出て来ませんが・・驚きと感動を教えて頂きました。そしてショコラちゃんに1日でも長生きしてほしいと願うばかりです。ショコラちゃん頑張って!みんなの暖かい気持ちに答えてね。。今までの分しっかり甘えて幸せになってね。(懇願)
たに
2005/07/19 13:20
不治の病でたった1匹、愛される事も知らないまま、
草むらの中で寂しく死んで行く野良猫ちゃんを不憫に思った神様が、
一生の最後に、心から暖かい手を差し伸べてくれる人達に
出会うチャンスを与えてくれたとしか思えません。

ショコラと名前も貰って、人間の優しさに抱かれて。
よかったね。幸せだね、ショコラちゃん。

私は、みんみん☆さんとむぅきちさんの背中に天使の羽がある事には、
随分前から気が付いていました。
価値観の同じお2人だから、当たり前のように事を運んでいるけれど、
羽を持たない人間には、なかなか出来る事ではありません。。
猫に関する深い知識あっての行動に頭が下がります。
そして感動します。

ショコラちゃん、もう安心よ、だから生きてね。がんばれ!!
つゆ母
2005/07/19 22:37
動物ってほんとにえらい。。
文句も言わず、頑張る。。
むぅみんさん達が、抱きしめてくれて
ありがとう。
尊敬です。
お二人の、天使の羽・・
ショコラちゃんに、見えたんだと思います。
むぅみんさん、私も祈っています。
ショコラちゃんの気持ちが、体が、少しでも
平安にどうか幸せですように。
にゃんま〜
2005/07/19 23:42
もう既に、みんみん☆さんとむぅきちさんは与える側に回っていますよ。
愛情というかけがえのないものをショコラちゃんにいっぱい与えています。
いつの日かやって来る旅立ちの時に、「いっぱい愛されたんだ。」という幸せな記憶を携えて行くことができる幸運を、ショコラちゃんに与えていますよ。
さらさ
2005/07/20 00:20
※しろとチビ様
 野良しろ君、もしすでに 「虹の橋」 を渡っていたんだとしても
 波瀾万丈なニャン生の終わり間際にご飯をくれる人に巡り会えて
 幸せだったと思います。
 しろとチビさんに甘える位心を許したんですから、相当嬉しかったはず。

 自分が 『こうしたい』 と思ったコトに対して
 いつだって家族の同意を得られるとは限りません。
 しろとチビさんは様々な制約がある中で、出来る限りのことを
 野良しろ君にしてあげていたんだから、全然至らなくなんかないです!

 またひょっこりとご飯もらいに来ると良いですね‥野良しろ君。
むぅきち@家主
2005/07/20 06:38
※たに様
 うちらも所詮、ちっぽけな人間なんです。
 近所の家が避妊・去勢をしないで飼ってる猫を見て見ぬふりしてます。
 そこの家で年に数回生まれる仔猫の声を聞いて聞かぬふりしてます。
 毎回、いつしか仔猫の声がパッタリ聞こえなくなるのは何故か‥
 考えないようにしています。
 以前、他の家族(と、ご近所さん)が注意したことはあったみたいですが
 当の本人達は全く聞く耳持たずだったらしいです(怒)

 色々悩みますが‥まずは出来ることをやるしかないんですよね。
 現実問題優先はダイジです。
 人として社会生活を送っている以上、仕方ないんです。

 たにさん家の愛猫は、毎日ご飯貰えて、安心して眠れて
 しかも愛情いっぱいもらえて幸せですって!!!絶対!!!!!!
 だってもしも自分が猫だったら、野良より飼い猫を選ぶもーん(笑)
むぅきち@家主
2005/07/20 06:49
※つゆ母様
 相方 (おいらとつきあい始めるまで1回も生き物を拾った経験ナシ) は
 「なんで自分の前に現れるんだ‥‥昔はそんなことなかったのに!」 と
 おいらの方を見て文句垂れてます(爆)

 おいらはおいらで
 「チロル〜〜〜。お前弱った猫見つけて手招きしてるだろーっ?!」 と
 今は亡き猫に向かって恨み節です(更に爆)

 天使の羽根は、毎年11月の第3土日限定で生えているようです。
 更に言うなら、場所は北関東地方にある某ワイナリー★
 ええ‥収穫祭で酔っぱらい、売店で羽を衝動買いしてるだけですが‥。
むぅきち@家主
2005/07/20 07:00
※にゃんま〜様
 猫は凄いです。
 仮に、ショコラの陥った状態に自分がなってしまったら
 とっくに死んでいるでしょう、多分。

 人間ってのは、言葉や、文化やあるとあらゆる色々なモノを
 手に入れるその代償として 『野生の強さ』 みたいなものを
 失ってしまったんだなーと、ふと思う瞬間。

 きっと、本当に純粋な意味で食物連鎖の図を書いたら
 人間なんて一番上から転がり落ちて、ヘタすりゃ底辺近くだと思う(汗)
むぅきち@家主
2005/07/20 07:08
※さらさ様
 拾った当日、病院から帰る途中の車内では
 「果たしてコイツは虹の橋で待ってるのか否か?!」な議論で
 相方と盛り上がってしまったワケなんですが
 今は 『そりゃー待ってるに違いない』 と言い切れます♪
 まだたったの数日ですけど、自信ありまっせ〜(笑)
むぅきち@家主
2005/07/20 07:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ショコラ報告 : 4匹目の猫。 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる