みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 快適空間?

<<   作成日時 : 2005/06/26 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みかんのケージが拡張されてから、もうすぐ丸1日。

増設してからしばらくの間は、突如として倍以上になった最下段前のスペースに
「なんかスカスカだけど、オレどうすればいいーん?(困惑)」
ショボ顔&非常に情けない鳴き声でオロオロしていたみかんだったけれど
部屋の床そのままだった底面にペット用のブランケットを敷き詰めてやったところ
ここはどうやら居住空間らしい と認識したのか
ようやくくつろいだ表情で毛繕いなんぞをするようになってくれて、こちらもホッと一息☆



ノエルが避妊手術をしたばかりの頃、通常時は3段だったケージを改造して
1段で奥行きがあるような造りにしてみたことがあった。
今は3段に戻してしまったが、当時のノエルの態度を見ていて気が付いたコトがある。

一般的に猫という生き物は 上下運動 が大切だとされていて
市販品の猫用ケージも、高さ優先の造りとなっていることが多い。
ずっとケージの中で生活させて、ほとんど外に出すことがない猫の場合は確かに有効だけれど
実際には ”ケージで生活管理をしつつ部屋の中で遊ばせてる” ヒトの方が多いと思う。
その場合、猫にとってのケージとは 寝床または隠れ家 的な要素がとても強くなる。
つまりケージに必要とされるのは、中で猫が上下運動を出来る高さなどではなくて
外部干渉の及ばないスペース造り では?

奥行きのある造りにしていた時、それまでケージに収納されるのをとても嫌がっていたノエルが
比較的すんなり中に入っていくようになった。
ケージの扉を開け放して出入り自由にしていても、水やトイレなどの用事がある時以外は
特に入ろうともしていなかったのが 「ちょっと休憩」 とばかりに自発的に入るようになった。

下にキャスタが付けてない簡易版だっため、色々不都合があって元に戻したけれど
戻した途端に収納されるのを嫌がるようになったから、かなり奥行きが大事と見たっ!!!
※ そのうちに日曜大工部隊 (構成員 : 相方みんみん☆ 約1名) が
  『キャスタ付き+奥行きありバージョン』 に改良するかもしれない‥




手前に増設スペースが出来て、全体的に奥行きが出たためか
みかんの 「何が何でも外に出てやる!」 という態度が軟化した。
増設部分の扉を開けても、ブランケットの上でゴロゴロ転がってたりする(笑)
数日後にはそのスペースにも慣れて、再び飛び出すようになるんじゃないかと心配だけれど
今のところはとりあえずそんな感じ。


昨夜の男子寮消灯後、コッソリ部屋を覗いてみたらいつもの場所で眠っていた。
どんなに広くなろうとも本格的な就寝時には やっぱりハンモック必須 だそうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
快適空間? みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる