みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 負けるもんか。

<<   作成日時 : 2005/06/13 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わずか数秒で使い物にならなくされた、みかん用の猫じゃらし。
すべてのパーツは揃っているから、ラジオペンチなどを使ってワイヤーの先に
猫じゃらし部分と鈴とを付け直しさえすればちゃんと元通りになるはずだ。

しかし、それだと確実に またすぐ壊される のは確実。



今までだってそうだった。
喰い千切られた猫じゃらし部分の先端 (ウサギ毛のところ) が無くてもまぁ使えるし‥と
そのまま使っていて、ウサギ毛の部分がまるまる無くなったことなんてザラ。
持ち手部分にかじりついて、端に付いているキャップ部分を呑み込んでしまったり
挙げ句の果てには鈴にまで噛み跡つけてみたり‥‥と、もう散々。

最初の頃は、まさかそんなものまで食べてしまうとは思わないから
部屋の片隅にでも転がっているのだと思って、アチコチを探しまくった。
「ま、まさか‥」 と冷や汗かきながら、まいにちウンPを睨み付ける日々が続いて
目的のモノを見つけ出した時には、ホッっとしたわ、ガックリきたわで一気に脱力。

それからは、一緒に遊ぶ時以外には手の届かないところに収納しておいたのだけども
それでも、遊んでる途中にふと気付くと先端が短くなっていて
「ぎゃー!またかー!!!!」 と毛穴が開いたこともしばしば。


他の猫じゃらしと比べると、どうしてもこの ポンポンフライ だけが別格なようで
遊んでいる時のエキサイトぶりが明らかに違う、目の輝きも違う。
あまりのエキサイトぶりに 「かえってストレスになってるんじゃ‥?」 と思うこともあったけど
かわすだけでなく、時には見事に ”エモノ” を捕らえさせてあげることさえしていれば
「ニャッ!ニャッッ!!」 とか 「カカカカッ」 とかの威嚇声をあげながら
さほど御機嫌ナナメにもならずに、ドッタンバッタン走り回っている。

そして、わざと捕らえさせた猫じゃらしを (一度咥えるとなかなか離さない) みかんから取り戻し
ふと長さが足りないことに気付いてしまい
「ぎゃー!いい加減にしろー!!!!」
毛穴全開で叫んだこともこれまたしばしば。



そんなわけで、数ヶ月の間をおいて迎えた 『ポンポンフライ再開』 だったのに
イキナリ壊してくれたおバカが1匹(嘆)
「また同じ状態に修理しても、どうせ壊されるだけだしー」 と、直すのを躊躇していたら
相方みんみん☆が、猫じゃらし部分に梱包用のヒモをくくりつけて違うオモチャに仕立てて来た。

先に付いているのがウサギ毛を使ってある猫じゃらしのため、みかんの喰い付きは上々。
けれどもワイヤーの先に付いてた時のように、激しくエキサイトはしてこない。
梱包用のヒモには、数センチ単位で結び目の ”コブ” を作ってほつれにくくしてあった。

これ、前より使いやすいかも(汗)

くそぅ‥さすがは相方、芸が細かい。
悔しくなったので、残った部品 (持ち手つきのワイヤー&鈴) を使って別の猫じゃらしを作成。
ワイヤーの先に、結んだビニール袋と鈴とをしっかり結わえ付けていっちょあがり!!!!!
鈴とワイヤーのビーズがチリチリジャラジャラ鳴るため、これまた喰い付きがとても良い。
よしよし、こちらも引けを取らない出来映えだぞっっっ♪♪♪


わーーーい♪
1つのオモチャが2つに増えた☆
 ← ヤケ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
負けるもんか。 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる