みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 古 (いにしえ) の女神。

<<   作成日時 : 2005/05/22 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月末から始まり、日々何かと話題をふりまいている 愛・地球博。


せっかく東海地方に住んでいるんだから行かなきゃ損だろうということで
先日も、昼過ぎに家を出て公共交通機関 (今回は高速バス) を乗り継ぎ行ってみた。
会場がかなり広いため、さほど混雑しているようには感じなかったけれども
後日ニュースで確認してみたところ、その日の入場者数は ざっと11万人以上 いたらしい。
まぁ、おいら達が到着したのは午後3時過ぎくらいだったから既に帰った人も多いのかー(汗)


それでもさすがに、企業パビリオンの人気は凄いみたいで相当な行列。
順番待ちが面倒なので、グローバル・コモン (公式参加国や国際機関が出展する展示空間) の
外国館をアチコチ回ってみることにした。


はっきり言って カレー市場 っつーか 巨大土産物市場 のようになっている
グローバル・コモン1 (東南アジアを除くアジア17カ国が出店) で腹ごしらえと小休止。
休んだ後は、ひたすら歩いて片っ端から外国館を見学。
時間の都合であまり多くは見られなかったけれど、今回見た中で興味深かったのは
イタリア館で常設展示されている、1998年にシチリア海沖で引き上げられたという
古代ギリシャのブロンズ像 「踊るサテュロス」
知人から散々勧められて見に行ったのだけど‥‥なるほど、確かに一見の価値あり。
2000年以上前のブロンズ像が、海底で持ち堪えてたこと自体もすごいけれど
ボロボロになりながらも伝わってくる躍動感が物凄い。
古代の人々の芸術的レベルの高さっていうのは、いったい全体どうなってるんだーっ!(悲鳴)


その後も、アイルランド館で ハイクロス (高十字架) の大きさにビックリしたり
オーストリア館であたり一面 (もれなく土産物売り場も) を、氷の壁にしてしまう発想に笑ったり
短い時間ながらも、諸国漫遊(?)を満喫☆

時間もさし迫ってきたためやや急ぎ足でグローバル・ループ (会場を一周できる木製の空中回廊) を
歩いていた途中、異様に目を引く装飾のエジプト館に寄り道してみた。
他の外国館などは無造作に 超ホンモノ が展示されてることが多い中、ここだけはALLレプリカ。
名古屋市博物館で古代エジプト展開催中なのが原因か(爆)


そんな中、エジプトではかなり人気の高い神様である バステト神 の模型を発見♪
雌猫の姿、雌猫 (または雌ライオン) の頭部を持っている女性の姿などで表されるこの神様は
音楽と歓楽の神、または愛の女神と呼ばれていて、場合によっては月の女神という説もあるとか。
古代のエジプトにいただけあって、その姿は 現在のアビシニアンそのもの。

いや、もしかすると現在のキャットショーでスタンダードとされる姿よりも耳小さいかも?!!
そして我が家のノエルも、ショータイプのアビシニアンと比べると耳が小さめ。

えっ?! ノエルってばバステト神に似てるっ?

そんな幻想を抱きつつ、家に帰って大英博物館に展示されてるバステト神の画像を検索したところ
確かに耳の大きさは近いかもしれないけれど、バステト神の手足はすらりと長くて頭身が高い。
対するノエルは耳だけでなく、手足も尻尾もぜーんぶちっちゃぃ。


すまないノエル。
所詮はかない夢だったよ‥‥(嘆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古 (いにしえ) の女神。 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる