みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 会うは別れの‥。

<<   作成日時 : 2005/05/16 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夜は、真夜中に新聞紙を 2cm 幅に引き裂いていました。
ええ、黙々と。


別にノイ○ーゼになってしまった訳 ではない のでご安心を(汗)
本物の巣みたいに、カラスの篭の中に敷き詰めてやろうと思ったんだけど
これが意外と溜まってくれない。
さほど大きな篭でもないのに、新聞紙丸々2枚を使ってようやく安定性が出てきたかな。
親鳥の努力と根性ってのは凄いもんだなと、つくづく感心★


最初はタオルを敷き詰めてたけれど、排泄をされるとすぐに汚れてしまうし
どんどん交換するのももったいない。
考えあぐねた末の新聞紙作戦だったけど、新聞紙の中で動いたり潜ったりしているうちに
羽などに付いた汚れも落ちてくれるオマケ付で 大成功♪
その代わり、おいらの新聞紙引き裂き作業というオマケも漏れなく付いてきましたが(爆)


朝になったらなったで、昨夜まったくと言っていいほど食べなかったのが気になってしまい
(父親が無理やり米ぬかを水で練って食べさせていたけど全部吐き出したっぽい)

am6:00 前からコンビニに行って犬用の缶詰物色。

家に帰って即 「人間からの餌なんかいらんのじゃー!」 と嫌がるカラスの頭を右手で保定。
同じく右手で無理やりくちばしの横を抑えて口を開かせて
潰した犬缶を左手の人差し指に適量乗せてそのまま喉の奥に突っ込む!!!

‥‥この方法で、とりあえずお腹いっぱい食べさせることに成功したものの
おそらくやつの目には鬼畜のように映っていたことでしょう。
すまんねぇ、鳥。
でも犬缶は吐き出さなかったところを見ると、美味かったんだろ? ← 反省ナシ


しかし、どれだけ世話したとしても野鳥は野鳥。
保護したらできるだけ早いうちに 県の保護担当の窓口 に届け出ないといけません。
県庁に問い合わせてみたところ、家から10分程度の合同庁舎に対応窓口があったので
昼過ぎに連れて行きました。


保護したときの状況と現在の状況、実家とおいらの連絡先などを担当者に伝えて
アッサリと受け渡し終了。
カラスは ”害鳥” 扱いだから 受け取り拒否されたらどうしよう
内心ビクビクもんだったんですが、ちゃんと 県内の動物園に受け入れてもらえそうです。
(連れて行った時点で受け入れ先への確認が未だだったのは、ちと気になったが‥)

それはそうと、昨日から今朝までずーっと観察した結果
おそらく左足を骨折したか捻挫したかだろうとう結論にたどり着きました。
当初心配していた羽のほうは、片足を傷めているためバランスが崩れてしまい
その調整を取るために片羽根だけ動かしていたのを家族が勘違いしたのかも。


幸いなことに、かなり大きいから人間への警戒心も持ってるみたいだし
何とかこのまま怪我が良くなって、自然に帰せるといいんですけど‥‥。
動物園で一生人間に世話されるのって、やっぱり不自然なことですもんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会うは別れの‥。 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる