みかんと一緒☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 【想い出ばなし(5)】ジョンのこと。 1/3

<<   作成日時 : 2005/01/26 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ひさびさの 【想い出シリーズ】 です。
また少しの間、おいらの昔話につきあってやって下さい☆



ジョンは、市の里親探しでもらってきた犬でした。
柴の雑種で、もらい手を待つ子犬たちが愛想を振りまく柵の中から選んだ1匹です。

子犬の柵は、たしか雄と雌とで別々の柵に分けられていたように記憶しています。
柵の周りには、子犬を選びに来ている家族連れだけでなく
子犬を里親探しの会場まで連れてきた ”もと飼い主” 達の姿もありました。
もらい手がつかないと、殺傷処分にされてしまう可能性もあるので心配だったのでしょう。

ホントのことを言うと、おいらは黒くて耳がたれてて愛想の良かった雌犬が良かったのですが
『この犬は足が太いから大きくなるだろう』 という親の意見であえなく却下★
ツキノワグマみたいに胸のところだけが白くて、可愛かったのになぁああああ(泣)
でも本当のところは、雌犬は子供を産むから避けたかったというのが親の本音かもしれません。
当時は避妊手術という認識自体、あまり社会に浸透してなかったですからね。


ジョンは、我が家の一員となった直後に車で約40分揺られるという試練に遭いました。
里親探しの会場から、親戚の家に直行するなんて無謀なことをさせたものです。
さすがに疲れ果てたのでしょう、走りだしてすぐに助手席の足元で爆睡するジョンの姿がありました。
親戚の家に着いた後もさほど騒ぎ立てもせず玄関にいたのですが、そこに慣れてしまったため
いざ我が家に連れ帰った後がクンクン鳴いてしまって大変でした。
家に着いたのは夕方過ぎでしたから、夜になっても鳴きっぱなしです(困)

『家に来たばかりの子犬は親兄弟と離れた不安で鳴くが、タオルで包んだ時計を入れてやると安心する』

と、何かの本で読んだので試してみましたが これが全く効果ナシ。
寝床用の段ボールが置いてあった物置では、相当遅い時間までジョンの鳴き声が響いてました。


【教訓】
子犬を飼い始める時は、できるだけ早い時間から新しい家に慣れさせておきましょう‥。 (=_=メ)
※ まぁ、どのみち初日の夜は鳴くかもしれないけど(汗)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【想い出ばなし(5)】ジョンのこと。 1/3 みかんと一緒☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる